葉酸は赤ちゃんの身体を作る時に欠かせない成分の1つである

妊娠しやすい体へ

花

妊活する人の多くは妊活サプリを利用し、体質改善や妊娠の確率を高めようと努力しています。しかし、サプリメントはあくまで食品であり、人によって効果が違います。早く妊娠を望むなら、まずは婦人科で相談するのが近道です。

More…

いつまで必要なのか

カウンセリング

妊婦さんは栄養バランスに注意して食事を摂取していても、栄養素を補えないものです。赤ちゃんの分も栄養を取らないといけない場合が多いので、たくさん食べていても栄養不足になりやすくなりますが、葉酸を摂取することで必要な栄養素を補うことができます。

More…

妊娠中の栄養

看護師

葉酸は、医療機関でも処方を受けることが出来ます。処方される葉酸には種類があり、予めタイプを確認しておくのがコツです。今後葉酸は、妊娠を望む方や妊娠中の方に必須の成分として広く認識されていくと予想されます。適量を守ることが、重要です。

More…

計画出産は食生活に注意

赤ちゃん

妊婦に欠かせないビタミン

女性は妊娠すると自分自身の健康を保つほかに胎児の発育のためにも栄養が必要になるため、普段にもまして食生活に気を付ける必要があります。中でも摂取不足におちいらないよう特に注意しなければならない栄養素というものがあります。その1つが葉酸です。葉酸はビタミンBの仲間で、発見のきっかけとなったのがほうれん草の葉であったことからこの名があります。ほうれん草の他には菜の花・芽キャベツ・ブロッコリーなどの野菜類に多く含まれています。また100グラム当たりの含有量でいえば海苔・お茶・牛や鶏のレバーなども葉酸を多く含む食品として知られています。最近ではサプリメントも各種出回っていて、利用することで食事では足りない分を手軽に補うことができます。

健康な赤ちゃんのために

葉酸が妊娠中の女性にとって特に重要な栄養素だと言われているのは、この成分が胎児の発育に重要な役割を果たしているからです。葉酸には新しい細胞を作るのに必要な核酸の合成を助ける働きがあるため、身体器官を形作るのに欠かせないものなのです。これまでのさまざまな研究により、十分な葉酸の摂取は赤ちゃんに先天異常が発生するリスクを低減するのに役立つということが分かっています。一般的な成人女性における葉酸の摂取量は1日当たり240マイクログラムが適当とされています。これは、通常の食生活を送っていればほぼクリアできる数字です。一方、妊娠中の女性にあっては1日当たり400マイクログラムの摂取が推奨されています。この摂取量は妊娠1か月前程度から確保しておくとより望ましいとされています。そのため、今後は計画的な出産を考えている人は妊娠前から葉酸をしっかり摂る、という考え方を持つことが重要になってきます。