葉酸は赤ちゃんの身体を作る時に欠かせない成分の1つである

いつまで必要なのか

カウンセリング

細胞分裂のため

妊婦さんはバランスよく食事を摂取することが重要になります。つわりなどで食事をすることさえ難しくなることもありますが、お腹の中の赤ちゃんはお母さんが食べたものの栄養素を使って成長を行っていくためです。そんな中で先天性の奇形を予防する栄養素として葉酸が注目を浴びています。葉酸は細胞が分裂するときに必要な栄養素なのですが、それは妊婦さんでも赤ちゃんでも同様です。そのため妊婦さんの葉酸摂取量が少ないと、赤ちゃんの細胞分裂が上手く行かなくなってしまい、脳や脊椎などの重要な器官が上手く作られなくなってしまい先天的な奇形を抱えてしまう可能性があるのです。このことから、妊婦さんはもちろん妊娠を望む女性は葉酸を摂取することが推奨されているのです。

授乳中にも必要

妊婦さんが葉酸を摂取しなければならない時期はいつ頃までなのでしょうか。それは出産後、赤ちゃんの授乳が終わるまでだと言われています。妊婦さんは妊娠していない成人女性の約2倍、授乳中のお母さんは1.5倍もの葉酸の摂取が推奨されているのです。葉酸は細胞分裂に必要な栄養素ですが、血液を作る造血細胞の分裂にも使われています。その血液が原料となり母乳が作られるため、葉酸不足は母乳不足に繋がってしまうためです。また、授乳中もお母さんが食べたものから作られた母乳を飲んで成長する赤ちゃんには、細胞分裂を行うための葉酸が必要になります。もちろんお母さん自身にも必要な栄養素のため、赤ちゃんへ回すための葉酸の摂取が授乳中も必要になるのです。